注射でしわやたるみの解消|化粧をしなくても埋没法で美しい二重が手に入る!

化粧をしなくても埋没法で美しい二重が手に入る!

ウーマン

注射でしわやたるみの解消

女の人

シワとたるみで効果が違う

美容整形外科ではシワを取る注射やたるみを取る注射ができます。シワやたるみの種類によって、効果がある注射もあれば、効果がない注射もあります。笑った時・起こった時に出来る表情ジワには、ボトックス注射が効果があります。眉間のシワや額のシワ、口周りの梅干しジワなど、顔の筋肉を動かしたときに出来るシワに有効です。ボトックス注射では効果がないのが、元からある深いシワやほうれい線です。筋肉を動かさなくても普段からあるシワには、ボトックスよりもヒアルロン酸が効きます。ヒアルロン酸をたるみの深い溝に適量打つことで、その溝が埋まります。表面を盛り上げる事ができるので、頬のコケ、まぶたのくぼみなどの解消もできます。

注射をした後の過ごし方

注射だけのシワ取り・たるみ取りは、手軽にできることからとても人気です。しかし、注射だけのプチ整形でもリスクがあります。注射をした後は大きなダウンタイムはありませんが、注射の痕が残ります。注射針が太いほど赤みが残りやすくなります。針の痕は治療をしてから3日もすればなくなります。人によっては内出血が出ることもあります。内出血も数日で消えるので、それまではコンシーラーで隠すのがお勧めです。ボトックス注射をした後は、患部をなるべく触らないように注意をする必要があります。ボトックスを入れた部分を強くマッサージすると、効果が薄くなってしまう事があります。ボトックス注射後は安静にして過ごすこと、当日は入浴を控えることをお勧めします。